Bellっ子コーギークラブ

コーギー達とのドタバタ生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

6月10日

札幌市動物管理センター主催の「子犬・子猫の里親探し」に参加してきました。
1ヶ月に1回、第二日曜日に開催されています。

私達管理士は、会場設営のお手伝いや、里親候補の方への飼育説明等を行っています。

0002610.jpg

子犬、子猫を展示する為のゲージもできあがり、提供者の受付を待つばかり。

0003610.jpg

里親希望の方の姿も見え始めました。
私達も打ち合わせを終えて迎え入れの準備に入ります。

子犬と子猫は、提供者の受付が済むと番号札を付けられてゲージの中へ。
沢山の里親希望の方達がゲージを取り囲んで希望の子をチェックし始めます。
0004610.jpg

この日も大盛況!!

受付が終わり、提供された子達がみんなゲージに納まったところで、管理センターの職員さんから動物飼育に関する注意点等のお話がありました。
その後、犬・猫それぞれの担当管理士からの飼育説明です。

0006610.jpg

参加された方が多かったにもかかわらず、説明が始まるとみなさんその場に座ってくださり、後ろの方も聞くことが出来てとても良い雰囲気の説明会となりました。

0009610.jpg

犬のぬいぐるみを使用しての説明。
短い時間内ですが、連れ帰ってからの注意、身体の手入れの事、爪切りについてなど、初心者の方にも解り易いお話をさせて頂いています。

私はこの日、犬担当でした。
10時をまわり、気温が上がってくると・・・
0007610.jpg

子犬達はさすがにぐったり・・・
飲み水の入れ物に前足を突っ込み涼む姿も・・・

0008610.jpg
こちらは北海道犬の子犬達。被毛が白いせいか、他の子犬達よりも元気でした。

0005610.jpg

知らない所へ連れてこられても、やっぱり子犬。
狭いゲージの中でじゃれあって遊んで騒いで、下にひいた新聞紙はもうビリビリのぐしゃぐしゃ・・・

この日提供された子犬は11匹。
抽選が行われて、すべての子犬が新しい飼い主さんの元へ
よかった~!!みんな幸せになってね 

子猫も最後に残った1匹にも無事飼い主が見つかりました!!
先月に引き続き、譲渡率100%です
みんな幸せになって欲しいよ~!!
里親になられた皆さん、どうかくれぐれも終生飼育をお願いしますね!!

後片付けを終えて、反省会の後解散。
1ヶ月に1度のお手伝いですが、本当に有意義な時間を過ごさせて頂いています。
素晴らしい仲間にも巡り会うことが出来、自分達が出来る事を考える機会を頂いています。

犬や猫は物ではなく命なんだという事を沢山の人達に思い出してもらう為に、これからも努力して行きたいと思います。

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

こんにちは。
こういう活動が大事なんですよね。
あまり否定的な言い方は出来ませんが、
ペットショップでワンコを購入という行為が信じられない僕でして。。。
2代目テツも、駅前で里親募集の活動をしているところからいただいてきました。
ちょっと特殊なワンコで、協調性がなくほかのワンコと一緒に生活できなくて、預かってもらっている動物病院まで会いに(というかそのままもらいに)言ったのを覚えています。
初代は近所に産まれた雑種をいただきました。
じゃーじゃさんとお会いするきっかけも、里親募集のHPでした。
コーギーという立派で人気のある犬種も諸事情により飼えなくなり手放す方がけっこういるのに驚きました。
余裕があるのなら、コーギー牧場みたいにしたいですね。
テツは間もなく1歳です。
まだ1歳?という間隔ですが、態度や吠え方など本来のイヌっぽくなってきました。
  • posted by てつぱぱ 
  • URL 
  • 2007.06/12 14:02分 
  • [Edit]

心が痛むことも・・・ 

てつぱぱさん、こんにちは♪
昨年から活動に参加している《仔犬・子猫の里親探し》ですが、やはりいろいろな人間模様を垣間見てしまうことも多いです。

犬や猫も小さいと飼い主が見つかるのですが、大人になっている子達はほとんど貰い手が見つかりません。(大人になった犬・猫を捨てなくてはならない事情があるんでしょうが、これは辛いです。)
今年のように譲渡率100%なんて、本当に珍しいんですよ。

これからも100%目指して、大人になっている子達にも希望の光があたるように工夫しながらみんなで頑張って行くつもりです。

「うちの子だけが幸せなら良い」んじゃなくて、うちの子が幸せな分、他の子も幸せになって貰わなくっちゃ、
みんなが幸せでなくっちゃ!ですよ♪

テツ君や兄弟達を幸せにして貰った御礼に、今ここで私にできる事、微力ながら頑張ろうと思います。
  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2007.06/13 17:22分 
  • [Edit]

こんんちは! 

譲渡率100%!良かった。
子犬は貰い手あるけど、やっぱり成犬は難しいと、聞いた事があります。
mukuともどもお世話になった方がいます。
その方は、ボランティアしてます。
保健所から、ワンコをだしてきては里親を探しています。今は頭数が増えてしまって、一時お休みしていますが。私はその方たちに、感動しました。
保健所に持ち込まれるワンコたちのほとんどが、飼い犬だったとか・・・本当に聞いてて辛く悲しかった。
みんながみんな、幸せになって欲しい。飼う以上はそれが当たり前なのに、途中で放棄する。
避妊・去勢しないから子犬も産まれてくる。産まれてくるには意味があるのに。
確かに、成犬を引き取ったとき大変ですよね。実家もボーダーコリーが捨て犬でした。今は実家のアイドルですけど、ここまでなるのに父も母も苦労したようですから。犬好きの私でさえ、3年触れませんでしたから(笑)
今回、巣立っていったワンコにねこたち・・・どうか幸せになって欲しいです。。。
  • posted by りょう 
  • URL 
  • 2007.06/15 11:29分 
  • [Edit]

100%よかったですね 

ブログを始めるようになってから、管理センターに持ち込まれる犬を知った、勉強不足の私です。
今は血統書の付いたワンコが捨てられる時代だそうですね。
そんなワンコが少しでもなくなるようにしたいです。
なにかお手伝いがしたいと思いながら、実行できないでいます。
じゃーじゃさんは忙しい中いろいろなことに関わっていらして、本当に感心してしまいます。
譲渡率100%は珍しいことだと、言われましたがもし残ったワンコはどうなるのでしょう。
札幌では、割合にいいのでしょうか?
里親さんになった方、末永く愛して欲しいです。
それ以前に、じゃーじゃさんが書いていらしたように、物のように捨てないでくださいと言いたいですね。

  • posted by アンまろ 
  • URL 
  • 2007.06/15 14:33分 
  • [Edit]

終生飼育の大切さ 

りょうさんこんにちは。
私が前に公園で会ったコーギーも、函館の保護ボランティアの方から譲って頂いたワンちゃんです、と飼い主さんがおっしゃっていました。
お話を聞きながら目頭が熱くなったのを覚えています。

犬は飼い主を選ぶことはできませんが、一度家族になった人間の事は忘れる事はないようですね。
愛されていなくても冷たくされても飼い主のことが大好きですよね・・・。こんな健気な動物を手放す事の重さを解って欲しいと思います。

成犬を迎え入れることはとても大変なことですが、1匹でも多くの子が新たな家族に出会えるように、管理士会でも札幌市と話し合ってより良い方法を思索しています。

微力ながらも今出来る事、努力して行こうと思っています。
  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2007.06/16 00:23分 
  • [Edit]

保健所の純血種 

アンまろさんこんにちは。
本当に最近は純血種がセンターへ持ち込まれるケースが多いようです。
札幌動物管理センターのHPに載っている収容犬は、迷って保護された犬だけなんです。
持ち込みの犬達は新しい家族に出会える機会はほとんど無く、寂しい最後を迎えてしまいます。

・・・本当につらい現実ですね・・・

HPに載っていない子達をなんとか里親希望の方達の目に留まらせる方法はないだろうか・・・
現在私達は仲間でこの部分に取り組む準備を始めています。
やむにやまれぬ事情で手放さなくてはならない飼い主さんも居ると思います。
譲渡会でも、飼い主さんの事情を聞いて皆で涙した事もありました。

譲渡会で里親が決まらなかった子は提供者の方へ返されますが、ほとんどの子がセンターへ持ち込まれるようです・・・(涙)
やはり子犬・子猫に関しては、避妊と去勢の徹底をしっかりしなくてはならないと思うので、市のほうでも助成金などの徹底がなされるといいんですが・・・。

少しづつですが、改革をしてゆければ・・・と思い、頑張って行こうと思っています。
  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2007.06/16 00:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://northernbell.blog78.fc2.com/tb.php/70-aedf52a7

Menu

プロフィール

じゃーじゃ

Author:じゃーじゃ
札幌の片隅で四匹のコーギー達とのドタバタ生活を満喫しています。生来の動物好きが嵩じて、動物飼育管理士の資格を取りました。家庭で末永く愛されるコーギーの繁殖を手がけています。メールはこちらから

CalendArchive

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。