Bellっ子コーギークラブ

コーギー達とのドタバタ生活

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

一ヶ月

前回の悲しいお知らせから1ヶ月が経ちました。
皆様からのたくさんの暖かいコメントにもお返事も書けず、本当に申し訳ありませんでした。

一ヶ月の間に、本当に沢山の《気付き》がありました。
ピーちゃんの死をきっかけに、コンちゃんの事や母の事、沢山の思い出や後悔、そんな自分でもどこか心の奥底にしまい込んでいた感情がどんどん表面化してきました。

日が経つにつれ、それらの感情がふくらんできて・・・
すぐに涙が出てきてしまいます。


でも、どんなに後悔しても誰も生き返らず、現状が変わるわけでもないのです。
「ごめんなさい」とどんなに謝っても、「大丈夫だよ」と言ってくれる母も、信頼を返してくれる黒い瞳も近くに見る事は二度とありません。
死を受け入れる事、現実を見据える事の難しさを実感しています。

時間が解決してくれる事もあると思いますが、忘れてはいけない事も沢山あります。
自分を許さないことから見えてくる事もあるんですね。


ピーちゃんの死を通して、私がこの世に生み出してきた命への責任についても考えさせられました。
どの命も掛替えがなく、新しい家族の一員となってもその命の責任は私にあるということ。
ノーザン・ベルの犬舎号のついた子達はすべて大切な家族であるということ。
お渡ししたら終わりではなく、いつも気に掛けてしまう存在であることを実感しました。

今年、ジャジャは7歳、カメちゃんは6歳、ケインは5歳になります。
あと何年一緒に暮らせるかわかりませんが、毎日を楽しく過ごしていって欲しいと思います。



私を気遣って下さり、ピーちゃんの冥福を祈って下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。
一人一人にお返しの言葉を書く事ができませんでしたが、この場をお借りして御礼申し上げます。

ピーちゃんの兄弟姉妹のオーナーの皆様、このブログを始めるきっかけとなった天使達を、ピーちゃんの思い出と一緒にこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

すべてのベルっ子オーナーの皆様、これからもこの至らない実家を応援して下さいね。
どうぞ宜しくお願い致します。

そしてリンクして下さっている皆様、この拙いブログに遊びに来て下さる皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。


まだまだ涙とお別れできず、新しい一歩も踏み出せないもどかしい私ですが、こうしてのんびりしている間にも犬達はどんどん歳をとってしまいます。

泣きながらでも歩いて行きたいと思っています。


           いつも楽しくね。





スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

あの散歩道はもうすっかり雪が融けているんですね。
春の風にジャージャさんの心が少しでも癒されますように。

今度の日曜日、ロンと遊びに行ってもいいですか?
一緒にお散歩したいです:)

  • posted by mari 
  • URL 
  • 2009.03/31 12:13分 
  • [Edit]

 

じゃーじゃさん ブログを待っていました 私は作れませんが毎日開けて見ています
やっと更新されて良かった 息子は忙しく作ってくれません。 テツはテレビに反応して最近は動物が多くテレビに出ますから あまりテレビをつけません。
おとなしくて良い子ですがテレビの動物に吠えまくっています。 遠くにいてもコマーシャルの音で分かるのですね 飛んできて吠えています。 札幌は実家(テツ)ですので又連れて帰りたいです。  元気になってくださいね。 テツばあちゃん
  • posted by テツ 
  • URL 
  • 2009.03/31 16:55分 
  • [Edit]

Re: mariさんへ 

mariさん、とても心暖まるお手紙を頂いて、本当にありがとうございました。
すぐにお返事も出す事が出来ず失礼してしまいましたね。
ほんとうにごめんなさいね。とても嬉しかったですよ。

蘭丸ちゃんとロンちゃんのお写真、とても嬉しく拝見しました♪
あのアングルからはパパにそっくり!
蘭ちゃんにとってロンちゃんはお兄ちゃんですものね。
これからの二人の成長がとても楽しみですね♪

日曜日、お待ちしていますよ!!
蘭ちゃんがまだ小さいので、ロンちゃんのお散歩のお迎えに行こうかと思っていた所でした。
旦那様もきっとこれからもっと忙しくなっていくと思うので、ロンちゃんのお預かり散歩、いつでも言って下さいね♪

今週の土曜日にはジャジャも帰ってきます。(エルシーとカメちゃん、ダブル発情期でした。)
ロンちゃんとエルシーは初顔合わせですね。どうなるのかな~???
前回のお散歩とは、顔ぶれがずいぶんとかわっちゃったけど・・・楽しみましょうね!!
とても嬉しいお誘いです!待っていますね♪
  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2009.03/31 19:17分 
  • [Edit]

Re: テツのおばあちゃまへ 

ご心配いただいて、いつも暖かなコメントを頂き、本当にありがとうございました。
テツパパさんがお忙しい中、更新してくださるブログのテツ君の姿に、本当に心癒されておりました。ありがとうございました。

テツ君は我が家のエルシーと本当に良く似ています。
2匹ともパパケインに似たのでしょうね。
テレビの動物で大騒ぎする所はカメちゃんそっくり・・・!!
テレビの前で吠えまくり・・・テツ君、まぎれもなくDNA受け継いでいますね♪

昨年、テツ君に会えて良かったです。ピーちゃんとのツーショット写真もありますね。
ウガウガ娘だったので仲良しはできませんでしたが、会わせてあげられて良かったと思います。
本当にありがとうございました。
いつか7兄弟で会える日が来ることを夢見ていましたが、それもできなくなってしまいましたね。
でもピーちゃんとは、どんな形であれきっといつかまた会えると信じています。

今度札幌へいらした時にはもっとゆっくりとお会いしたいですね。
ケインパパやカメちゃんとも触れ合ってもらいたいと思っています。

本当にありがとうございました。
まだまだ涙はこぼれてしまいますが、少しづつでも元気な私になろうと思います。
私と同じように(もしかしたら私よりも)ショックを受けて傷ついている我が家の犬達を支えるためにも・・・ですね!!
頑張って明るく行こうと思います。
  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2009.03/31 20:38分 
  • [Edit]

 

まさにその通りですよね。時間がいつか解決してくれると思いますが、忘れてはいけないこともあると思います。だけど、起きてしまったことは受け入れざるを得ません。悲しいことですが。後悔して気付くことだってありますよ!

微妙な気持ち、側にいるみんなが一番気付いて、早く元気になってと思っていますよ。頑張りましょうね!私達があいるじゃないですか!心強いかどうかはだけど…みんなじゃーじゃさんの事応援してますよ

そしてそんなmukuも今日で7歳になりましたよ

あっという間の7年という歳月でした。
mukuもあと何年生きれるかわからないです。犬生の半分の折り返し地点…過ぎましたね。じゃじゃくんと同級生だし、いつまでも元気でいて欲しいですね近い親戚さんなんだから、あんなに優しいじゃじゃくんにmukuも心開いてくれるといんだけど

じゃーじゃさん、自分をあまり責めないで下さいね。
また遊びに行きます非フレンドリーmuku連れて私がいないとmukuは普通に仲良く遊びますよ
  • posted by りょう 
  • URL 
  • 2009.04/02 01:35分 
  • [Edit]

ブログを待っていました 

そうですね。
決して、忘れられないと思います。
忘れていけない事です。
何年経っても、心の中にはいつもいて、折にふれ顔を出すんです。
きっと今度のお散歩も一緒に歩いていることでしょう。

1か月が経ったんですね。
今また新たに悲しみが、襲ってくるの、わかります。
涙を流すことも大切です。
あまり、我慢しないで。
私も、車で通ると、思い出して涙しています。
じゃーじゃさんは、つらいんだろうなぁって。

私も、もう少ししたら、お散歩道ご一緒させてください。
カメちゃん、お手柔らかに~。




  • posted by アンまろ 
  • URL 
  • 2009.04/02 20:09分 
  • [Edit]

りょうさんへ 

りょうさん、ありがとうございます。

先日友人が、「死んだ子供だけが教えることのできる事があるんだよ」と言ってくれました。
その子はその事を教える為に産まれてくる、と・・・。
確かに・・・・ピーちゃんは私に沢山の事を教えてくれました。
「冷血漢のままでもいいからピーちゃんに生きていて欲しかった」と思ったのも本心でした。

でもピーちゃんは自分の死を通して、これから私が関わるであろう沢山の命の為に私の中に沢山の《気付き》を残していったのだと思います。

私の為に産まれ、私の為にこの家に残り、そして私の中に沢山の思いを残す為に天に召された子だったのだということに思いが至った時、ぐずぐずと泣いていてはいけないんだと思いました。

生にも死にも意味があると今の私には思えます。
あまりにも未熟な私の為に使わされた天使を預かっていたんだな・・・と。

だから元気になってもっといろいろ勉強しなくっちゃ!!
私が元気無いとワン達も本当にかわいそうだしね。

ジャジャも帰って来るし、またにぎやかな我が家ですよ。
りょうさん、muku君連れてまた是非遊びに来て下さいね!!
暖かくなったらガーデンパーティーしますよ~♪

  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2009.04/03 00:12分 
  • [Edit]

アンまろさんへ 

アンまろさん、いつもご心配頂いて本当にありがとうございます。

沢山のひどい現実と頑張っている皆さんの姿に、目が覚めた思いがしました。
アンまろさんもこんなに頑張ってくれている。
もううつむいてばかりはいられません・・・。

辛く悲しい最後を迎えても、それでも満面の笑顔で楽しい時間を一緒に過ごしてきた我が家の犬達は、とても幸せだったろう。
私はあの子達を精一杯愛したし、あの子達からも抱えきれない程の愛を貰いました。
 
コンちゃんやピーちゃんが私に残してくれた思いの一つ。
1匹でも多くの犬を幸せにしてあげたい、という気持ち。
それを思い出させてくれたのは、アンまろさんが貼ってくれた日記の記事でした。
本当にありがとうございました。

そして顔を上げた時、気付きました。カメちゃんが深く心を病んでいることに・・・。
私は理性で納得できますが、カメちゃんはその悲しさも辛さも淋しさも昇華できずに苦しいままでいたのですね。
自分の感情ばかりにいっぱいいっぱいで気付いてあげられず、本当にかわいそうな思いをさせてしまいました。
今はすっかり赤ちゃん返りのようになってエルシーすらも寄せ付けないカメちゃん・・・。
ジャジャが帰って来てくれたらまた少し変わってくると思います。
お散歩の時間を長くとったり、声掛けも今までよりも多くしてあげています。

あのお散歩コースはまだ雪が残っていますが、ネコヤナギやふきのとうが満載ですっかり春の様相ですよ。
またあの道を、アンジーちゃんと麿君と、そして今度はジャジャとカメとエルシーとで歩ける日を楽しみにしています。

アンまろさんも無理はしないで、休養もしっかりと取って下さいね。
元気なアンまろさんはいつも私に力をくれる素敵な人です!!
ありがとうございました♪

  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2009.04/03 01:26分 
  • [Edit]

前を向いていこう 

じゃーじゃちゃんが相当の覚悟と勇気を持って
生み出したいくつもの命から
幸せをたくさん貰えた私たち

B田はあの黒い瞳で
「心をつなぐってこういうことなんだよ」と
私に教えてくれたよ

人間も、動物も、その命は重く
だから、生きている私たちは、人や動物と関わる限り
その重さに耐えなければならず、
ときにはこんなにも辛い体験を引き受けることになるんだけれど

でもそれくらい重くて尊いものだからこそ
はかり知れない喜びとたくさんの学びを
私たちに与えてくれるのだと私は思います

じゃーじゃちゃん
生きていくのは辛いけど、大きな喜びもあるよ
私はじゃーじゃちゃんから喜びをもらったよ
前を向いていこうね  いっしょに
  • posted by B田の姐さん 
  • URL 
  • 2009.04/07 22:04分 
  • [Edit]

ビー田の姐さんへ 

ありがとうね。
いつも私に力をくれるビー田の姐さん。

こうしてたくさんの辛い事が続いて、立ち上がれないんじゃないかと思った時も、ベルっ子達やオーナーさんの存在がいつも支えてくれました。
そしてそれはこれからも変わらないと思います。
みんながいるから頑張れる。

犬達に支えられ、助けられて私は生きているんだな、と実感。

まだまだしっかりと考えていかなくてはならない事もいっぱいあるけど、暗中模索している状態だけど、そうだね。前を向いて歩こう。

しっかりと前を見据えて、足跡しっかり付けながら、歩いて行こう。
支えられた分、今度は支えてあげられる強さを持とう。

心からそう思うよ。
本当にありがとう!!!
  • posted by じゃーじゃ 
  • URL 
  • 2009.04/09 22:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://northernbell.blog78.fc2.com/tb.php/132-201f8b8d

Menu

プロフィール

じゃーじゃ

Author:じゃーじゃ
札幌の片隅で四匹のコーギー達とのドタバタ生活を満喫しています。生来の動物好きが嵩じて、動物飼育管理士の資格を取りました。家庭で末永く愛されるコーギーの繁殖を手がけています。メールはこちらから

CalendArchive

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。